《2018.2》攻略系記事 書き直し月間!

【工房日誌】第1回合同イベント終結!まさかの敗戦とリーダーの感想などなど

日中の陽射しが和らいできましたね。Ryoです!

合同イベント対戦結果

まさかの、そして痛恨の敗北を喫してしまいました!

われわれのドリームチームも必死の攻撃を繰り出しましたが、あと一歩及ばず!これは敵にアッパレを送りたいと思います☆☆☆

攻撃編―防衛配置を潜り抜けろ!

敵のラインナップは練り上げられた防衛配置が多くてめっちゃ攻めがい(手ごたえ)がありました!

王道の攻撃を選択したアタックでは、入りの部分を工夫したり。変則配置に対しては、変則攻撃でアジャストさせようとしたり。

職人たちの工夫と意欲が迸る激戦が続きました(^^)b

もう一歩届かず全壊に届かなかった攻撃でも、ツマラナイ攻撃は一つもありませんでした♬

リーダー自身の攻撃と収穫

何を隠そう、私自身も「これぞ」という計算を建てて臨んだ攻撃(リプ情報あり)で、大失敗に終わりました。決めるべき番手だったのは間違いない攻撃でした。クランの皆さんには本当に申し訳ない気持ちです。しかし同時に、「これぞ」というイメージの実現方法が判明した収穫があったので、攻撃の引き出しを一つ追加できた喜びを覚えているのも、正直な気持ちです。

失敗することは避けられないクラクラアタック。自称、世界一自分の失敗リプを分析する私としては、ここ数戦の不甲斐ない結果が、次に訪れる全壊ラッシュを支えてくれる予感がします♬

防衛編―空陸自在!必殺仕事人を見た!

敵の動きは統率がとれていて、本当に無駄がありませんでした。

総じて、TH9以下の攻撃精度が凄まじく高かったです。戦前は255勝をマークしているクランですが、その多くはこのTH9下のエゲツナイ攻撃が稼いだものに違いないと感じた次第です。

各プレイヤー、各攻撃の精度が高いことにとどまらず、戦術のふり幅が本当に広かった。そして、正確でした。

ミッションを遂行するその様は必殺仕事人。

ついつい敵を絶賛してしまいましたが、長くクラクラをやってきた中で、間違いなく3本の指に入るクオリティを見せつけられました!

チーム単位で防衛配置の「狙い」をつけよう

近時、TH9の戦術の多様化に伴って、どんな攻撃からも守りきることが困難になってきました。

そのなかで、特定の戦術を封じ込める配置を採用することも良い作戦だと思います。(リスクとしては、敵がラヴァバル使いのステータスにもかかわらず、ゴレホグ対策陣(空に弱い)を採用してしまうなど)

また、不規則な全壊対策陣を練り上げるのもアリだと思います。

敵の性格をある程度予測して、また、味方の採用する配置を眺めて、自軍の防衛配置が敵にどんな印象を与えるか。そんなことを考えて防衛ラインを作り上げてみるのも面白そうです♬

合同イベント感想

うれしい!

応援に来てくれたメンバーも合わせて、人が多くてとても賑やかな時間を過ごすことが出来ました!

チャットに顔を出す頻度は人それぞれなのですが、各所で交流が深まっている様子が窺えて、また、私も新しい友達が増えて、嬉しいイベントになりました!

楽しい!

ちょっと落ちたときでも、未読チャットが50とか100とか、本当ににぎやかでした!

また、新戦術とかアルアル話とか、戦術考察とか、そこへ来て最高クラスの強敵とか、あっちもこっちも楽しさが溢れていました!

ダイスキ!

ゲストの皆様は、古くから知っている人、今回初めてあった人、様々でした。

皆さん本当に良い人ばかりで、優しいアドバイスも、より良い戦い方に向けた提言も、活発にメッセージが飛び交いました。

また遊びたいなぁ♬

より良い合同イベントに向けた反省も

企画、運営した者として、臨時の対戦ルールを整備すること、それを周知すること、その重要さを痛感した次第です。

この点は、スケルトン工房のルール見直しと連動して実験を続けたいと思います。

後は、社会人の知り合いが多い関係で、安心してインが見込める開催日(曜日調整)を探らなければなりませんね。

感謝

まだまだ知らない楽しみが眠っていそうなクラッシュオブクラン。

ちょっとした思い付きと工夫で、多くの仲間と、多くの「楽しい」に出会いたいなぁと思った合同イベントでした。

本当に、ありがとうございました!

また、遊びましょう♪

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は反映されないことをご注意ください。(スパム対策)