ネクロの鍛冶屋、100勝へカウントダウン!!

【工房日誌】①劇戦!「vs.CRAz」②あなたにも忍び寄るフリーズ!?③次も日本戦!

季節外れのプールで遊んだらものの見事に風邪をひいたRyoです。

劇戦!日本戦!CRAz戦!

再起の一戦

涙の敗戦から再起を図るスケルトン工房。

何の巡り合わせなのか、マッチング相手は日本クランの「CRAz」さんでした。日本戦はいつもとちょっと違う盛り上がりを見せる職人さんたち。起爆剤になること間違いなしの一戦ですね!

スパイ疑惑再燃

何と何と、CRAzさんのリーダー名は「RYO」さん。大文字小文字の違いだけじゃないですか!

早速、「Ryoさん、ついに堂々とスパイ行為に出ちゃいましたね。」「ま。ワシらには影響ないもんね。」と牽制されるリーダーの姿が。かなり前に紳士にジョブチェンジしたにもかかわらず、鋭い疑惑の目線にゾクゾク震えてしまう悲しいサガを隠しきれなかったとか。

もしかして、あちらのRYOさんも同じ目にあってやしないだろうか。いろんな思いが錯綜する準備日でした。

序盤戦

最近のスケルトン工房にしては珍しく、序盤戦でリードを奪います!みなぎる気合い、荒ぶるドラゴン、飛び跳ねるぶたライダー!

TH8チームの先制攻撃と、TH9の精鋭達によるパーフェクトペースの攻撃で先手を取ります!

このまま引き離せるか!?頑張れ職人!

ブレーキをかけたオッさん

満を持して(?)私のサブ垢が出陣します。

狙うは星6!ゆけ!空飛ぶスケルトンことソケルトン!(注:筆者は風邪の影響で理性的な判断力を失っております。)

結果は2戦連続で攻撃失敗。

乗りに乗っているスケルトン工房の快進撃を見事に静めてしまいました。

ショックと共にスパイ疑惑再燃を恐れるRyo。しかし、クランは一切その話題に触れません。ここはむしろ触れて欲しいところ。優しい言葉が胸に沁みるのです。

中盤戦はここから大苦戦

90%台の攻撃が連発し、スケルトン工房の手数はみるみるうちに減っていきます。

しかし他方で、CRAzさんの攻撃も90%台が続き、双方共に泥沼へと足を踏み入れていくのでした。

終盤戦

今回のマッチングは開戦時間を意図的に早くしていました。

しかし、早すぎました

リーダーの私がそのことを忘れかけていて、残り1時間のタイミングで10手以上残っている状態になってしまいました。

職人の皆さん。注意喚起が抜け落ちてしまって、現場の混乱を招いてしまいました。本当に申し訳ないです。

そんな混乱に加えて、練り上げられたCRAzさんの各種オリジナル配置が我々の思考力を奪っていきます。

刻々と迫る時間。震える指。止まる思考。鳴り響く「カッシャンカシャン」の開戦音。

星は行ったり来たりを繰り返し、正直何が何だか分からない状況のまま、2点差で勝っていました

劇戦は、辛勝で幕を閉じました!

CRAzさん、ありがとうございました

自慢のTH9職人がTH9をこんなに埋めきれなかったのは初めての経験です。

クランとしても、個人としても大変に勉強になった一戦でした。

RYOさん、感想戦も有意義な内容で楽しませていただいて、交流が広がる喜びも味わうことができました。

同じ名を持つ者同士、変態紳士の頂を目指して切磋琢磨していきましょう!

リベンジマッチや他の機会でご一緒できることを楽しみに腕を磨いておきます!

CRAzさん、最高の興奮をありがとうございました!

「じこ」フリーズの恐怖

クラクラ中毒に関する学会の最新研究によると、じこフリーズなる症状を確認することに成功した模様です。

じこフリーズは、以下の通り二つの状況をもとに名付けられています。

自己フリーズ

  1. クラン対戦攻撃中に発症する
  2. サイドカットや援軍処理など、序盤で想定外の事態が起こった時に思考も指も完全停止してしまう状況
  3. 呪文のフリーズ(8秒)よりも停止時間は長く、コストも0
  4. そのまま永久冬眠したい。時を戻したい。と、現実逃避に移行する患者も。

このように、実に恐ろしい自己フリーズ。

クラン対戦で味方が自己フリーズ状態になると、自分自身の恐ろしい記憶が蘇って集団フリーズ状態になる現象も確認されています。

対処法は、念入りかつ慎重なプランニングしかないとされています。

事故フリーズ

「別に頭真っ白になるぐらいどうってことないじゃないですか。」という意見もあるかもしれません。

確かに、自分の攻撃失敗は、仮にマルチアタックであれば何の問題もないのです。

しかし、自己フリーズはクラン対戦のプレッシャー下においてこそ発現します。「この一手」を成功させんと考え抜いた先のプラン崩壊。その衝撃がフリーズ現象につながるのです。

さらに残酷なことに、自己フリーズはそのまま「事故フリーズ」という末期症状に移行していきます。

現代技術では事故フリーズを防ぐためには百戦錬磨のリカバリー能力を地道に鍛え続けるしかないとされています。「特効薬は無し」ということですね。

じこフリーズの恐怖に負けず戦い続けたいですね。

次も日本戦!

まさかまさか、連続日本戦です!そして、Ryoさんがいました!もう、訳がわかりません!

「みんなのクラン♫」さん、最後の最後まで楽しみ尽くしましょう!

ここのところ全壊を奪っていない私も、そろそろ爆発していい頃!

戦いは終わらない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は反映されないことをご注意ください。(スパム対策)