スケルトン工房 クラクラ攻略戦記

初心者もベテランも!スケルトンと共にクラクラの真髄に迫る攻略サイトです。【クラクラ空攻め研究室】はMENUからご覧いただけます!

【工房日誌】⒈「クランは生き物」という言葉に納得。⒉横道にそれながら。⒊TH9以下限定戦!

time 2017/11/04

パソコン不具合を解消するつもりが、なぜか部屋の大掃除をしてしまったRyoです。横道にそれるのは世の常、人の常。

クランは生き物

委員長の一言

スケルトン工房の委員長または生徒会長、あるいは警視総監のポジションを不動のものにするSEIさんは、クランチャットに「クランは生き物ですねぇ。常に変わっていく。」とのコメントを書き込みました。

ハッとする私。

こんなクリティカルな表現(シンプルかつキャッチーな一言)を私も言えるようになりたい。

あふれだしていく言葉たちはチャットに潤いを与え、ログインする職人たちは次の書き込みが楽しみでたまらない。

仕事が、学校が、家族が職人を待っていても、チャットの更新表示が気になってログアウトできない。

そんな魔力的魅力を私も手に入れたい。私に無いものだから手に入れたい!

こうしてクラクラ界一器の小さい某リーダーは警視総監の言葉マジックに嫉妬したのでした。

–完–

じゃなくて、クランは生き物という表現は全くその通りだと思うのです。嫉妬じゃなくて納得したという話でした。(shit!!横道にそれちまったぜ!)

クラクラアカウントの向こう側

クランは、クラクラアカウントの集まりです。

クラクラアカウントの向こうには、サブ垢じゃ無い限りその数だけのプレイヤーがいるのでしょうか。サブ垢の場合、アカウントの向こうには0.5人しか人がいないという事態(計算)もあり得るわけですね。

ちなみに、資源回収とか、機械に任せてオートマチックに遊ぶ仕組みって作ることは出来るんでしょうか。チートアプリとかじゃなくて、タッチペンを勝手に動かしてくれる機械。サブ垢の資源回収をサボりがちな私はちょっとだけ妄想しちゃうのでした。機械だった場合、アカウントの向こうには誰もいないということがありえますね。人工知能がクラクラを遊ぶ世界。

ちなみにのちなみに、某飲食店で聞こえてきた会話では、とあるレジェンドプレイヤーはゲーム専用クラクラ端末を4〜5人体制で管理し、強制ログアウトを除く24時間体制でマルチ攻撃をし続けているというビックリ仰天の遊び方を紹介していました。この場合、一つのアカウントの向こうには4〜5人いることになるのですね。

このように考えてくると、アカウント数プレイヤー数一致は確実な話ではないのです。もしかしたら。本当にもしかしたら。

  • 自分のクランには私以外誰もいなかった(仲間は全部人工知能パターン)
  • 自分のクランは他に500人ぐらいいいた(複数管理パターン)

という展開も荒唐無稽な笑い話とは言い切れないのです。

これを踏まえつつ、昨今、公式ツイッターアカウントからクラン乗っ取り注意の呼びかけがあったことを思い起こします。乗っ取りなんてまったくけしからん話です。

しかし、けしからんプレイヤーが乗っ取りに行ったクランでは、チャットの更新速度が異常に高く、しかも、人格が100人以上いるような恐怖感を感じたり。

別のクランでは会話が全て0と1で行われていたり。

乗っ取る側が精神崩壊を起こす。こんな設定で15分のショートムービーとか作ってみたら面白そうですね。

次の更新予定の動画は、私が主演のショートムービーです(大嘘)。乞うご期待!

−完–

じゃなくて!

クラクラアカウントの向こうには少なからず人がいるはず。という話でした!(shiit!!またもや横道にそれちまったぜ!)

クラン対戦はごった煮

クランは、人の集まりなのです。サブ垢一人クランと人工知能問題は一先ず枠の外において話を進めます。

自分一人をとってみても、調子が良い悪い、恋人とうまく行く行かない、夕食が美味しく作れた作れない、いろんなことが起こって変化していきますよね。生き物なんですから。

それが、二人になれば。三人四人、もっと増えていけば。

クランに起こっている変化はとんでもない情報量だと思うのです。

そんな大きな渦の中で、クラクラプレイヤーはクラン対戦を戦っている。

クラン対戦はごった煮なのです。

鍋が美味しい季節になってきたのです。

ごった煮はいつだってベストな味付けなのか

鍋料理は基本的になんでも美味しいですが、いつだって最高の味を出してくれるかといえば、そうでもありません。

時にはシメの一品アレンジが上手くいかない時だってあるものです。

スケルトン工房の最近数戦のクラン対戦は、まさにこの状態。

TH11増員は嬉しいものの、軒並み調子を崩す現状では、対戦終盤に救いのない事態に陥ります。

相も変わらず我々を遥かに上回る「おでんの行列」クランと戦う日々なので、こちらの一手はミスの許されない一手。勝つには素晴らしい攻めを最後まで繰り出すしかないのですが、それができない現状。

今の状態がクランの現在地。もっとできるという熱い思いは練習の原動力にするべきで、現状から目をそらすきっかけにしてはいけないのです。

サイドカット、援軍処理。

出来てると思っていることが疎かになっていることを正面から認めて、立て直す時が来ているスケルトン工房なのでした。

ついに変な横道にそれることなく小節を書ききった!

限定戦!

10戦近く歯車が狂ったままなので、現在TH11メンバーに緊急メンテナンスを案内し、巻き添えラリアットをTH10メンバーにぶちかましました。

現在、TH9以下の限定クラン対戦を開催しているのです。

そしてまさかの日本戦。なんという引きの良さ!

THE Allies M.A.さん、よろしくお願いします!

TH9の職人技で悩めるth11プレイヤーに光を示すことができるのか。

巻き添えでお休み扱いになったth10職人に興奮を届けることはできるのか。

要注目です!

down

コメントする




日本語が含まれない投稿は反映されないことをご注意ください。(スパム対策)

サイト運営者紹介

Ryo

Ryo

クラン『スケルトン工房』始めました! 共に遊ぶクラメンを絶賛募集しています!! 詳しい参加条件はこちらを確認☆ [詳細]

アーカイブ

YOUTUBE

よかったらチャンネル登録を!