ついに!ラヴァバル特訓!

【感覚共有】ハーフゴレ特訓の狙いとは。

腱鞘炎は油断するとやってくる。

ハーフゴレとは

ゴーレムちゃんを半分に叩き割ってハーフゴレ。

なんて恐ろしいことではありません。

アーミーキャンプの半分くらいの戦力をゴレウィズにしちゃおうというのがハーフゴレ。

この特訓がハーフゴレ特訓なのです。

フルセットでゴレウィズ特訓をやっていた時にすればゴレの数が減っちゃってさみしくもなりますね。

さみしさはゴーレムで埋められないけど、ほかの仲間たちで埋めていい。

ブタさんでも、風船でも、トラコンちゃんでも、スコップおじさんでも、かまいません。

あなたに会えない寂しさは消せないけど、私、新しい恋に生きるわ。みたいな。みたいな。

さて。

そんなハーフゴレ特訓はどんな意図があったのでしょうか。

「ゴレの使いどころ」withお供の仲間 から

まずは、敵配置を眺めた時に「ゴレの使いどころ」を眺める目を養うことになります。

ここでいう使いどころは、ゴレウィズ以外のキャンプ枠に搭載されているお供ユニットで見えてきます。便宜上、ここではお供ユニット達のことをメインアタッカーと呼んでおきましょう。

ゴレウィズ(パート)は基本的に応用力(対応力)が豊富です。

おおざっぱな考え方では、ゴレウィズの応用力に頼って、メインアタッカーが苦手とするエリアをゴレウィズに託すというプランニングは成立しやすいです。

この視点は、実は、ゴレウィズ以外のメインアタッカーユニットの性格を知っているかどうかで鋭くなっていきます。

対空砲密集エリアは実はバルーンラッシュでサクッとさばけちゃうこともあるとか、ウィズ塔ラッシュエリアはヒーリング一発とブタラッシュで飲み込めちゃうとか。

メインアタッカーユニットを知れば知るほど、得意不得意なパターンが見えてきます。

メインアタッカーが苦手とするエリア ⇒ 対応力豊富なゴレウィズで潰す!

と考えてはいかがでしょうか。

次の視点と対比すると、

メインアタッカーを主体にゴレウィズの使いどころを考える

とも整理できますね。

「ゴレの使いどころ」から お供の仲間を選ぶ

クラクラプレイヤーの中には、又は、相手の配置次第では、ゴレウィズからプランニングをスタートしたほうがすいすいスッキリすることもあるでしょう。

そうなのです。

ゴレウィズ特訓をこなしていくと、ある程度の配置では、「この辺、ゴレウィズ仕掛けやすいな」みたいな気分になることがあります。

そんなときは、その感覚をそのままに、ゴレウィズで一部のエリアを消した(壊した)と仮定して、残りの配置を眺めてみましょう。

そうしたら、残ったエリアと設備を眺めてみます。

一本道だとか、エアスイが一方方向になっていたとか、密集しているだとか、ワイドな配置だとか、ヒーローがいるいないだとか、etc.

残った景色に合わせて得意なユニットをくみ上げていくのですね。

場合によっては、もうワンセットゴレウィズを追加してゴリゴリのばしていこうと思ったりとかするかもしれません。

ゴレウィズが大好きな人などは、ポジティブな意味で、ゴレウィズから解放されてプランニングするという視点でもありあますね。

ゴレウィズの得意な場所から考える ⇒ 残ったエリアに対応するメインアタッカーを選ぶ

とまとめられますね。

さっきの視点と対比すると、

ゴレウィズの使いどころを主体にメインアタッカーを選ぶ

と整理できます。

プランニングの迷路から脱出する

どんなプレイヤーだってプランニングがすぐにまとまる時期と、なにも思いつかず堂々巡りをしてしまう時期があると思います。

ハーフゴレ特訓の隠れた目的の一つは、プランニングの堂々巡りを解消するところにもあります。

ハーフゴレでは、ゴレウィズとメインアタッカーという2つの部隊で敵配置の攻略を目指します。どんどん進化すると部隊をもっと小分けにして運用する攻めも思いつくようになると思います。

この二つの視点を行ったり来たりすると、目の前の配置を深く理解する能力が養成されていきます。

言い方を変えれば、自分の引き出しを増やすとも言えます。

ハーフゴレはメインアタッカーの選択肢が多いので楽しい特訓のようでとてつもなく深みのある特訓だったのですね。

ちょっとオチを書いてしまうと、ハーフゴレで攻めないほうがいい配置もあったりして、それに気づくのも大事なことですね

もちろん、思考の引き出しを充実させてくれるのはハーフゴレ特訓のみに限られた話ではありません。

しかし、ゴレウィズ特訓からハーフゴレ特訓に移行した方ならば「ゴレの得意不得意」という要素を軸にどんどん考えていきましょう。

そして、もしもそこで思考が堂々巡りになっちゃったなら、メインアタッカーを軸に置きなおして考えまくってみましょう。

視野を広げる切り口をゴレウィズに託してみましょう!

特訓はまだまだ続く!

【感覚共有】変化を求める人しかついてこれない位置確認。途中経過。

2 Comments

小梅ちゃん

お仕事めっちゃ忙しいRyoリダへ。

お仕事頑張りすぎて身体を壊さないでくださいねっ。

多忙すぎるのにっ( -᷅ ·̫ -᷄ )ハーフこーれむの記事ありがとうございまつ。これはーメインアタッカーの練習もせんと完成せんのんでつねー( -᷅ ·̫ -᷄ )

小梅ちゃんより。

返信する
Ryo

>小梅ちゃん
コーヒー休憩でコメント通知に気づきましたっ!
いつもコメントありがとうございます!
ハーフこーれむは使い勝手の良い攻めなのですが、THの上限が12になった今、若干「万能」っぽさは低下している攻めです。
そんなわけで、使いこなしきるにはメインアタッカーの良い選び方と組み合わせ方も重要になってきます。
そしてそして、現在のゲーム環境は「数の暴力」で押しきることが正義になってしまいました。
そうすると、必然的に呪文の使い方が重要になってくるのですが、そこで取り組んでもらっているのがジャイアンパンチです。
なんのこっちゃというところは、そのうち追加される記事をお楽しみにしてください。
ヨレヨレ更新します!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は反映されないことをご注意ください。(スパム対策)