知らなきゃモグリ!ジャイアンパンチ!

【2019】新年、明けてました!今年も宜しくお願いいたします!

仕事は休みだったけど、あっという間に過ぎた年末年始。

クラクラプレイヤーの年末年始

皆さんは年末年始、いかがお過ごしでしたでしょうか。

「今年最後のクラン対戦アタック」「今年最初のクラン対戦アタック」とかを、気持ち良く決めようと集中してみたり。

渾身のネタをチャットにぶっこんでみたり。

酒に酔い、こたつの中から混濁した意識で寝落ちしたり。

一年の感謝とか、新年の抱負とか、そういったものをチャットに書き初めしてみたり。

ゲームそのものに年末年始超特別イベントがあるわけじゃないので、良くも悪くもクラクラって安定したゲームですよね。

2018は

クラン的には大きな体制変更などがあり、激動の一年になったのではないかと思っています。

クランを作って見続けてきた立場からは、「初心者」レベルを全員で脱出することは叶わなかったと思っています。

脱出仕掛けてはいるんですけれど、今のレベルで初心者じゃないと言い切るほど能天気ではいられないと思っています。

できる事はやって、職人さん全員のレベルアップに力になれたらなと思うばかりです。

個人的には、クラクラというゲームに初めて失望感を覚えた一年になりました。

これまでとてつもないバランス感覚で攻防の面白さを高めていたクラクラ。

TH12登場以来、あのバランス感は完全に吹き飛んだと考えています。

せめて難しい方に振り切れるなら良かった。

しかしながら、実際には一気に簡単にされてしまった。

私程度の腕と理解力でも、やる気を喪失するレベルでゲームの面白み(難しさ)を感じられなくなっています。

やる気の喪失は完全に悪い方向に傾き、最近は配置を見ないで(プランニングしないで)攻めるとか、特定ユニットを使わないで攻めるとか、クランのメンバーにとっては迷惑以外何でもないであろうプレイを重ねています。

そうでもしないとドキドキ感を味わえなくなっているのです。(かつてのドキドキ感とは異質なものなんですが)

th12の防衛レベルはまだ完全解放されていないから、それが来た時にあのバランスの復活を期待しています。

ゲーム的には、もうすでに触れちゃっていますが、ゲーム難易度そのものは一気に簡単になりました。

全壊を奪うということに関しては、超絶テクニックを持つプレイヤーの存在価値は希釈され、堅実なアタッカーに全壊チャンスが多く訪れる環境になっています。

それと関連してか、クラン対戦に新モードが追加されました。対戦リーグですね。

対戦リーグは基本的にth12を多く揃えるところから戦いが始まります。

スーパープレイヤーを揃えなくとも良い戦いが展開しやすい調整(攻撃権の減少)も加えられていて、クラクラというゲームは大きく変わり始めているなと感じます。

基本的に暗い話を載せたくないから言及は最小限にとどめていますが、クラン対戦リーグに本気で参戦しようと思うなら、配置エディター問題が無視できなくなります。

二回以上の攻撃に晒される通常対戦と、一発勝負が原則の対戦リーグでは、守り方が変わるべきです。

しかし、その手間はthレベルが上がれば上がるほどプレイヤーを苦しめます。

真面目なプレイヤーほどその負担と向き合って時間と精神を消耗する悪循環に捕まる現実があります。

誤解を恐れず言えば、防衛配置を進化させて来た職人気質のプレイヤーは日本という環境では徐々に絶滅する立場にあると言えるでしょう。

「防衛配置なんていじることそんなに無いでしょう」みたいなことを言えてしまう一部の開発陣には理解できないことかもしれませんが、ワンタップで配置の骨格を変更できる便利さと時間短縮。

これがあるとなしでは両クランの間にどれだけのハンデが存在するか。

知力以前にログイン時間で振い落しにかけられる日本クラクラー。

明日無き消耗戦は2019年も続くのでしょうか。

2019年は

クラン的には、みんなでもう一つ二つ上のレベルのアタックを完成させて見たいですね。

ファーミングも頑張ってもらって、THレベルは躊躇なく上げて欲しいと考えています(無理に上げろとは言いません)。

スケルトン工房とネクロの鍛冶屋の住み分けも、状況次第では変更が必要になるかもしれませんが、それは臨機応変かつ混乱の少ないように対処したいと思っています。

リーダー的には、クラクラに費やせる時間が減る一方です。

主な理由は二つで、じっくり構えて遊ぶほど難しいゲームじゃなくなったことと、お仕事が忙しくなっちゃったことです。

そんな中で、チャットを荒らす(職人の皆さんと応援合戦して遊ぶ)ばかりではブログを触る時間が確保できないことに気づきました。

ブログに軸足を移しつつ、貴重な時間を振り分けようと思います。

ゲーム的には、楽しくなると良いですね。

とりあえず溜まってる宿題

現在、年末紅白戦の結果記事、プチオフ会の報告記事、この二つはなるべく早く仕上げねばと思っています。

クラクラに斜陽を見ているのは私だけであって欲しいと願いつつ、ゆっくりダッシュだ2019!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は反映されないことをご注意ください。(スパム対策)