2018.12アプデ!!詳細情報は随時更新!!

【対戦リーグ内部向け】次の方針発表。第3クラン設置の可能性を探る。

高尾山で深酒をして肉体的ダメージを負ったryoです。

内部向け記事となります!

対戦リーグについて 少し振り返り

ハッキリ言ってエンドコンテンツ(≒最後のやり込み要素)の性格の強かった対戦リーグ。

青屋根になってギガてっちゃんの戦いを開始しないと本当の意味で楽しめる仕組みではなさそうです。

しかし、ファーミングする上では対戦リーグの報酬(メダル)を活用しない手はなさそう。

クラン規模に応じて、柔軟に付き合い方を模索するほか無さそうです。

スケルトン工房が飲み込まれた格差とは

スケルトン工房においては、最初の対戦リーグでどれくらいの格差を味わったかというと。

  • 自軍のギガてっちゃん(いわゆる青屋根)
  • 5 =屋根の数
  • 4 =5スターの数
  • 21=スターの合計

これが7戦なので、

  • 35 =屋根の総数
  • 28 =5スターの総数
  • 147=スターの合計

という規模で戦いました。

 

これに対して、敵クランのギガてっちゃんを7戦分集計すると。

  • 76 =屋根の総数
  • 57 =5スターの総数
  • 334=スターの合計

という規模でした。

もう特にコメントが必要ないレベルでアンフェアな印象です。

 

平たく言えば、こちらの倍の青屋根と戦うことを強いられた訳ですね。

対戦リーグはそんなもんなんだよと言われればそれまで。

この現実と向き合う他ないのです。

方針発表!

参戦します!

しかも、可能な限り多くのメンバーを前線に送り込む方針です。

ローテーション制とか小賢しい仕組みでどーのこーのは、今回は極力考えません。

『飲んだら吐くな。吐くなら飲むな。』という格言(?)がありますが、対戦リーグにおいては、

『出るなら休むな。休まずに出ろ。』という、泣く子も黙る休む選択肢皆無のスタイルで考えてみようと思います。

もちろん、リアル都合で危険な場合、休むのも仕方ないと思います。

他方、ファーミングで休むのは基本なしと考えてください。

対戦リーグの場合、「戦力十分にならないとウンヌンカンヌン」って言ってしまったら、「青屋根にならない限り全てのアカウントは足を引っ張る」存在なので、青屋根になるまで誰も出れなくなるためです。

せいぜい呪文工場が閉鎖中の場合、ヒーローが二人以上寝ている場合などにお休みする感じでしょうか。

方針発表
・とにかく全員参戦を目指す!

・出るなら休むな!休まずに出ろ!

具体的には、参戦意向確認(出欠)

出欠を確認させてください。

方針は上に書いた通りなので、とにかく出れるだけ出てください。

私かmistさん、または役職者に伝えてもらえれば、集計します。

現状、ムダさん(ココさん)は欠席の表明をいただいたいます。本記事を読んでやる気になったらその旨おしらせください。

会場は新設予定

参戦規模的に、3クランになる見込みが高そうです。

大雑把に、次のようになる可能性があります。

  • スケルトン工房=TH11・12のみ
  •  新設クラン =TH9・10(ほかサブ垢など)
  • ネクロの鍛冶屋=TH9まで
赤屋根のメンバーが全く参戦しないとなってしまった場合、新設クランは立ち上げません。

その場合は、赤屋根メンバーはもともと戦えないことになるので、スケルトン工房のロスターに混ぜて、参戦回数0でメダルを少しゲットする形にしたいと思います。

新設クランについて

作った後、私かmistさんが常駐し、参加条件は誰でも参加可能にします。(多分)

クランレベルは1なので、援軍をもらう場合はスケルトン工房に戻ってくる展開もあると思います。

その移動の手間を考えると、帰還時に承認できないリスクを避ける措置です。

なお、新設クランの参戦メンバーは、普段援軍をもらう側のメンバーも多いと思いますが、今回は防衛援軍を埋める側になるので、ぼーっとしないようにお互い注意を呼びかけましょう。

th10以上の対戦リーグの戦い方

前回はオールフリーでなんの制約も課さずに戦ってみました。

th10以上でオール煮干しキープに成功したのは意外と少ない数字に止まっています。

オール煮干しを超えて貯金を生み出したメンバーはさらに少なかったです。

つまり、我々の力的に、7回連続煮干しを目標にするのが身の丈に合った戦い方ということになります。

この背景には格差マッチングの影響があるのですが、それはもうそういうものなので、ツマラナイと思っても格差を前提に考えるしかありません。

もちろん、目標を超えた数字を叩き出しに行くのは大歓迎です。

大事なことは、金星の全壊を狙うより、大打撃になる0・1を避けるだけで勝てる戦いが多いという現実を踏まえることです。

ちなみに、全壊奪取率の方が0・1発生率より低いので、現状、全壊を狙うことがいかにリスキーなものかも知っておくと良いと思われます。

  • 何が何でも煮干しを取る!!!
  • 断固煮干し!!
  • 煮干し死守!!

そんな感じで、対戦リーグの経験を踏まえ、今回は力の限りを尽くして、全員で勝ちに行ってみましょう!!

ネクロの鍛冶屋は

ちょっと頭のおかしいメンバーが揃っております(称賛の言葉)。

白屋根赤屋根を粉砕する黒屋根クランといえばネクロの鍛冶屋。

もうそのままスケルトン工房を追い越してしまうぐらい駆け抜けてください。

コメントに困るくらい良い勢いなので、ますますファイオです!!

まとめ

スケルトン工房、ネクロの鍛冶屋共通で、7戦通算して出れない方はお知らせください。

追って、新クラン立ち上げを見極めます!

やるで!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は反映されないことをご注意ください。(スパム対策)