敢えて拘れ!穴開け!壁開け!

【ビリゴンことライトニングドラゴン登場】感電ダメを使いこなしたい!とりあえず使ってみたいならサイドカット要員だ!

アプデの内容が多すぎて全然ついていけてないRyoです。

とりあえず気になったものから、自分のためにもメモ記事を追加していきます。

その名はビリゴン

ずーっと存在が仄めかされていた新キャラ。

ついに登場しました!

和名(?)はライトニングドラゴンというらしいです。

早くもスケルトン工房では、この空飛ぶ青トカゲがビリビリ敵の村を感電させる戦いぶりに由来して”ビリゴン”と親しまれています。

あっちもビリビリこっちもビリビリ。

それでは早速、ビリゴンがビリゴンたる所以を眺めてみましょう!

基本ステ(解放状態)

レベル1の状態でも高いステータスが確認できます。

  • ドラゴンにやや劣る火力(カンスト時で310:300か)
  • ドラゴンを超える体力(伸び代十分)
  • かつてない二つの特殊能力
    • 感電ダメージ
    • 自爆ダメージ

ステータスそのものでは、体力重視のドラゴンと考えて良さそうです。

しかし、ビリゴンはコストが1.5倍の30枠ユニットです。

これを考慮すると、ラッシュを組んだ場合の単純ステータスではドラゴンラッシュに軍配があがる計算です。

ところが、そうも単純に割り切れなくさせるのがビリゴンの特殊能力

特殊能力:感電ダメージ

ビリゴンは単体攻撃と言いつつ、最大5個の攻撃対象を同時に感電させることができます。

今後、感電条件を細かく検証していきますが、少なくとも、設備間の空白が1マスであればビリビリ感電していくようです。

  • 目の前の兵舎を起点に感電している。
  • 感電する方向は直線に限らない。(ボウラーと違う)
  • 1マス空白は感電する(②から③)
  • 斜め方向も感電する(④から⑤)

  • 防衛ユニット(画像はキング)も感電対象になる。

防衛援軍処理の得意不得意

細かいユニットの大量処理は苦手かも

この仕様だと、防衛援軍処理の時、アチャ20体とかを処理するのがビリドラは苦手(ドラゴンの方が得意)かもしれません。

というのも、ビリドラは攻撃間隔が長く、バルーンに似た性格のユニットだからです。つまり、ためてためて重い一撃を繰り出すタイプですね。

5つの設備を同時攻撃できても、20〜30の細かいユニットを攻撃しきるのにかなりの時間を必要としそうです。

ビリドララッシュにはポイズンなどのフォローが不可欠だと予想します。

検証できていませんが、ポイズンを空振りした時に、防衛ネクロがスケルトン召喚を連続させてビリドラを封じ込める展開もありえるかもしれません。

中量級・重量級のユニット処理は得意かも

そこまで数も多くなく、そこそこのHPを備えた防衛ユニットを相手にした時は、ビリゴンの攻撃力が余すことなく威力を発揮しそうです。

バルキリーやバルーン、ドラゴンなどはビリドララッシュの餌食になりそうです。

防衛援軍としての適性

ビリゴンを防衛援軍として活用できるでしょうか。

個人的には、デメリットが目立つ気がしたので自分の村で採用するのは見送る予定です。

  • 攻撃速度が遅い=ポイズンでスロウにされると完封されそう
  • クイヒー相手に感電させてもヒーラーには届かなさそう

このような展開が予想されるので、それならいっその事時間稼ぎに特化した防衛ラヴァのが良さそうだったり、スケルトンの目くらましでポイズン空振りを誘発させやすい防衛ネクロの方が事故を期待できる気がします。

ユニットの組み合わせで化ける事もあるので、敵味方問わず注目していきたいですね。

とりあえず使いたいならサイドカット要員

今までのクラクラにない特殊能力を使いこなせば多様な使い方が出来るはずのビリドラ。

とりあえず使ってみたいなら、サイドカット要員が楽チンです。

対空砲が起動しない場所であるかどうかだけ注意して、ビリゴンを1〜2体配置するだけで、バシバシ感電させて深々とサイドカットしてくれます。

サイドカットの挙動を分析して、ラッシュ攻撃のヒントを拾い上げていくとスムーズに新環境に適応できそうですね。

練習ガンバリマス!

格下埋めのマルチリプ

マルチで使ってみました。

サイドカット要員として優秀なのが確認できます。

突破兵器こと、陸トパコも使っていますが、今回の記事では割愛。

新ユニット、楽しい!

正確に検証していないことがまだまだ多いのですが、感電ダメージが等倍(感電しても威力が低下していない)ように感じるので、はっきり言って現状のビリゴンはめちゃくちゃ強いです。

ラッシュの挙動をコントロールできたら、感電ダメで対空砲が起動する前にへし折ったりできるので、自分の天敵を完封しながら戦いきるポテンシャルを持っています。

多少の下方修正はあるんじゃないかと思いつつ、とりあえずはこの新ユニットと一緒にビリビリ楽しんでみようと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は反映されないことをご注意ください。(スパム対策)