敢えて拘れ!穴開け!壁開け!

【工房日誌】日本クラン戦を制した職人たち!そしてその先に待ち構える戦略早上げクラン!

GW楽しんでいらっしゃいますか?実は体調不完全なRyoです。健康第一!

日本クラン戦 勝利

”進撃の巨人『ウォールシーナ』”さんとの一戦は、序盤のリード(イン率?)を活かして逃げ切りに成功しました!

「MVPは誰だ」という企画も面白いだろうなぁなんて思うこともあるのですが、こういう戦いを見ていると、誰かがすごいと絞り込むのが本当に難しくて、自分にはできないと思ってしまいます。

華麗な全壊を奪った職人の皆さん、ナイスファイトでした!

個人的には、悔しさと興奮の入り混じる気持ちで決着しました。古い付き合いのうまおとこさんと軽く一杯飲みながら対戦プランを練り上げ、クラクラしていました。

うまおとこさんの不吉な予言の通り(?)、防衛設備の何もない場所にフリーズを投下。見事な大失敗を喫しました。その後、最終アタックで敵軍リーダーとの直接対決を制する全壊。ジェットコースターのような攻撃でした。

全壊を奪えずに悔しい思いをした職人の皆さん、共に腕を磨いていきましょう!

そして、職人が目の色を変えて盛り上がったクラン対戦を実現させてくれた”進撃の巨人『ウォールシーナ』”の皆さん、ありがとうございました!

次は戦略的早上げクランだ!

マッチングが長く、12時を回ってしまうかなと思ったその時。

戦略早上げクランが目の前に登場しました。

今回のTH分布

なかなかにエゲツないTH分布だったので思わずまとめてみました。

TH工房敵軍
11310
10711
9148
841
7下20

ちなみに、イーグル砲、インフェルノ塔、そしてクロスボウの数も、スケルトン工房の方が少ない状況です。どうやってマッチング係数が同等と判断されたのでしょうか?

仮に相手のプレイヤーたちが私程度のTH11に於けるそこそこな攻撃スキルを備えていたとしたら、スケルトン工房がパーフェクトを奪われること必至の戦力差があると見ています。

どうやって勝つべきか

ゲームにはいろんな種類や遊び方がありますが、この一戦はいわゆる「ハードモード」のクラン対戦と呼べそうです。

守り勝ちの線が全く期待できないなら、攻め勝つしか道はないでしょう。クラクラの楽しみの一つに防衛戦の興奮があることは全く否定できませんが、今回に限っては防衛を気にしている余裕はありません

細い細い勝ち筋を繋ぎ続けることができるのか。

どうやって総破壊率100パーセントに近づけていくのか。

どっぷり楽しめ!職人ラッシュ!

「攻防一体」の楽しみを追求する職人にとってはきっと不満も大きい戦略早上げクランとの対戦。

しかし、マッチングの仕組み(というか運営)が、このマッチングでも両クランに勝つ可能性があると言い張る以上、ハードモードを楽しんじゃいましょう♩

ウォールシーナの先に現れた戦略早上げクラン。

勝利の美酒を目指してヒリつくような興奮に身を投げましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は反映されないことをご注意ください。(スパム対策)