《予告》ネクロの鍛冶屋、5月から稼働!

【クラン対戦リプレイ】TH10〜11陸攻め集!ここは呪文の世界!

膨れ上がる在庫をさばききれないRyoです。

TH10〜11の対戦リプレイを掲載いたします!

TH10

クイヒーホグ にんじゃさん

にんじゃさんの繰り出したクイヒーホグ!

敵配置の長所を短所に変えるプランニングがお見事でした!

ここが見所!
マルチインフェをクイヒーの耐久力で完封!

シングルインフェをホグのラッシュアタックで封印!

キングの耐久力を生かした裏タゲ独占!

3段攻撃中央貫通 KAZサマー

KAZサマーの陸アタックです!

ど真ん中を突き抜ける快感を体現した一撃!

ここに注目!
ちょいボウラーでクイヒールート確定!

❶クイヒー、❷キングボウラー、❸バルキリーの3段攻撃でユニットを誘導する!

クイヒー面ボウラー りここさん

りここさんのボウラーアタック!

先のKAZサマーのアタックとはまた違う回廊陣攻略の筋を見せつけています!

見落としちゃならねぇ!
ボウラー(主力)の天敵防衛援軍をクイヒーで排除!

貧弱なユニットボウラーメインの編成にレイジ多めの強気編成!

レイジはヒーラーを狙って落として体力キープ!

TH11

クイヒーねくろボウラー ぷれささん

個人的に、呪文の使い方にアハ体験を感じることの多いぷれささんのアタック!

ちょっと見てきなよ
クイヒーの挙動をしっかり確認してからの落ち着きある主力ユニット投入!

ユニット大量&防衛高火力エリアのカウンタートーム!

ネクロが召喚するスケルトンを信頼した深めのレイジ!

クイヒー ぺかねくボウラー ぷれささん

ぷれささんのアタック2発目!

なるほど
主力ユニットにペッカを混ぜて推進力に安定感を与える!

ちょい混ぜバルーンで横から設備破壊をサポート!

クイーン(遠距離アタッカー)が急所のインフェルノにアタックできるコース選択!

ヒーローペかボウヒーラー ディガー添え mistさん

どこかのリーダーが大爆死した後のmistさんのナイスフォローアタック!

マーベラス!
クイヒーにペッカボウラーキングを合流させて超強力な破壊集団結成!

中央部のインフェルノはディガーでサポート!

主力はぺかボウヒーラー、サポートディガーの連携が完璧!

デジャビュ mistさん

さっきの配置を90度回転させ、アレンジした配置。よく目にする回廊陣を攻略です!

やはり、マーベラス
強力な破壊集団結成!

実は火力の薄い中央インフェルノエリアをディガーでしっかり破壊!

設備同時起動を避ける回廊捌き!

ワイド気味回廊陣も理屈は同じ mistさん

またもやmistさんの全壊アタック。

それも、マーベラス
クイヒーで耐え抜けるよう、マルチインフェ方向に誘導!

ディガーの火力不足を補うど真ん中レイジ!

この攻めの主役(キーポイント)はディガー!

感想独り言

TH10オーバーは呪文の世界

全壊リプゆえ、どれも納得のアタックが並んでいました。

TH10は、工夫なしでユニットをぶつけると攻撃側の体力があっという間になくなっていきます。

それをひっくり返すのは呪文の使い方じゃないかと考えるこの頃です。

一例を挙げると、

撃たれる前に壊し返す
バルキリーレイジ

ボウラーレイジ

バルーンヘイスト

これらは被ダメにさらされる時間を短縮するアプローチですね。

次に、

ユニットを減らさない
ホグヒール

バルーンヒール

3〜4個まとめ掛けフリーズ

などは、攻撃側が有利なラッシュ状態を長くキープするアプローチですね。

ラッシュユニットがむき出し状態になっている時に効果があると思います。

配置をひとまとめにしない

配置を分類するために、幾つかの属性(ネーミング)を用いることがあります。

攻略の際は、大雑把な属性に思考がとらわれないように注意したいですね。

回廊陣を例にとれば、同じように見える回廊陣でも、中央がインフェルノだけなのかクロスボウも固めているのか、タンク設備の固め具合など、挙げればきりがないほどバリエーションに富んでいます。

そうであれば、先入観にとらわれず、目の前にある配置を攻略する筋道を確立させていきたいですね。

配置も攻めも、巡り巡って進化していきます。

置いてかれないよう、遊び尽くさねば!

まだ動画がある

ストックの動画はじわじわ増えています。

職人の皆さん、そもそも独断と偏見で動画を選抜している上に、アップが遅くて申し訳ないです。

どうか、気長に、忘れた頃に出てくるものと思っていただけたらと思います。

私もみんなも、ファイオ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は反映されないことをご注意ください。(スパム対策)