敢えて拘れ!穴開け!壁開け!

【中毒患者】道のりが楽しい。出来ない事が大切。変わる自分を楽しめる。

連休の方もそうでない方も、いかがお過ごしでしょうか。

クラクラ中毒患者の日常を綴るページとなります。

一般的には3連休

世間は3連休です。

大雨の中

西日本では大雨後の復旧作業に追われている方もいらっしゃると思います。

工房の職人さんの中にも大雨被害に遭われたメンバーがいて、断水諸々の影響が残っていて大変そうな様子が伝わってきます。

(貴重な端末バッテリーをクラクラにぶっこむ姿に特別ツッコミが入らないのは本人も周りも中毒患者ならではな光景かもしれません。)

断水でこの暑さだと、脱水症状がとても怖いので、お互いに無理なく乗り切りましょう。

海で

他方、ラジオで聞こえてくる話題に意識を向けると、大磯ロングビーチで灼熱の太陽の下海を楽しんでいる方もいらっしゃるようです。

経験上、海水浴(ビーチ)は端末の熱が上昇してしまいがちなので、オーバーヒート系の不具合に注意したいですね。

出来る事ならエアコンの効いた車内などでマルチに勤しみたいところです。

お腹が減ったらバーベキューエリアや海の家に行き、食料を調達。

そして素早く車内に戻ってクラクラへ。

万が一海に入った場合は、海水で端末がオカシクならないよう手洗いを忘れず!

山で

山の問題は暑さよりも電波でしょう。

オンラインゲームのクラクラは電波がないと何も出来ないのです。

そこそこ拓けた山なら山頂付近に中継ポイント(電波塔)があったりするかもしれません。

いずれにしろ、電波が確保できなくなる可能性がある以上、山登りは実に危険な行為です。

中毒患者が最も苦しい思いをするかもしれないのは山登りなのかも。

川で

川は、端末の水没に気をつけましょう。

バーベキューの火元に端末をすべり落とす展開も要注意です。

私の得意技は、川中の岩に腰掛け、小指に釣り糸を結んで針に餌をつけて垂れ流し。

片手でクラクラ、片手でおにぎり又はビール。

小指がツンツンされたら魚を引っこ抜いて厨房へ。これを繰り返します。

端末にはホルダー又は落下防止ストラップを装着しておくと良いかもしれません。

なお、こんな不思議な遊びを真似して滑って転んで端末が壊れても当ブログは何の責任も取りようがないのでご注意を。

部屋で

全国に広がるDIYブームに乗っかり、部屋でごそごそコソコソ時を過ごす方もいらっしゃるでしょう。

私もその一人。

壁の一面に収納棚を作成したり。

巨大パソコンのモニターをアームで固定したり(アームの土台を自作して机に固定)。

そういえば、柱になる木材をホームセンター「ビバホーム」で購入したのですが、無料で貸出車を使わせてくれるのはとても助かりました。

久々に運転できる楽しさも味わいつつ、一気に木材を搬入します。

世界一のDIYクラクラーを目指し、灼熱の3連休を駆け抜けます。

なお、部屋の中でも熱中症(脱水症状)は発生してしまうので、エアコンの効いた部屋でも油断大敵で過ごしたいですね。

私は3回くらい木材を踏んで転びそうになったり、2回くらい小指をぶつけて恍惚の嬌声を上げてしまったり、紙ヤスリ作業中に1度棘が親指に突き刺さって絶頂してしまったり、ネジを巻き込む腕が何度となく攣そうになってゾクゾクしたり、いろんな形で喜んでいました。(電動工具がないから全て体力勝負)

職場で

連休って何ですか。美味しいのですか。どこかに落ちてるのですか。

という方もいらっしゃるでしょう。

そう。

仕事の方もいらっしゃると思います。

現在、工房に所属している職人さんにはキッチンで働いている方もいるようで、灼熱の気候の中灼熱のキッチンで鉄鍋を振り回しているのです。あるいは、灼熱の鍋を睨みつけているのかもしれません。(多分)

どうかご無理なきよう。

お仕事もファイおです!

作業をしてて感じる楽しさ

部屋の改造に全力をつぎ込んでいた私ですが、何かが変わっていくのは楽しいものですね。

数日、作業時間にして数時間程度のスパン(部屋の改造)で見ると、変化が明確でわかりやすいです。

では、クラクラに目を移し、この楽しさを当てはめてみるとどうでしょう。

村はそんなに早く成長しない(特にTHが高いほど)。

攻撃テクニックは一日二日で激変しない(少なくとも私はそんなに器用じゃない)。

そうなのです。

クラクラでは、短期間で劇的に進化して、超高難易度のアタックを自在に操るようにはなれないのです。少なくともこの3連休程度の時間では。

このゲームシステムが好きなら、クラクラ中毒患者になる素質は十分です。

この待ち時間がツマラナイと感じる人には、クラクラは厳しいゲームになってしまうかもしれません。

じわじわと。しかし確実に練習することでちょっとずつ上手くなる。

同じ攻撃失敗でも、見るべき内容が増えていく。

出来ることが増える以上に、出来ないことと難しいことをいっぱい自覚していく。

スーパープレイヤーになること、つまり”今の状態”は正直どうでもいい話で、もっと上に行けると感じて突き進んでいる瞬間が最も楽しいと感じるのです。たとえジックリゆっくりでも。

発信方法はどう進化する

ブログ媒体をメインに発信してきているスケルトン工房(ネクロの鍛冶屋)。

今後、動画の方向もゆっくり充実させたいと考えています。

ただ、何をしたいかは固まりつつありますが、その手段を模索中です。

重要なのは、攻撃失敗。

攻撃失敗すらも全壊に繋がる過程の一つ。

世界一のプレイヤーが誰かは存じ上げませんが、その人だって間違いなく失敗して学んでいるはず。

クラクラプレイヤーであれば失敗と向き合わざるを得ないと思っています。

だから、「成功の約束されない不安・緊張・葛藤と、最終決断」を切り取ったコンテンツを作ってみたいなぁと思っています。

どんなものになるでしょうか。

私自身、とてつもなく楽しみです。

とりあえず、私の魅惑的な喘ぎ声をバンバン公開しないように配慮しつつ、企画をネリネリします!

以上、中毒患者記事でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は反映されないことをご注意ください。(スパム対策)